桐、ささやかな植樹祭|子どもたちの未来のために、地球に広葉樹を残しましょう

ベトナムの子どもたちと育てる 桐植林プロジェクト

  • プロジェクトの目的
  • どうしてベトナムで植林するの?
  • 10年後子どもたちと一緒に!

プロジェクトの目的

プロジェクトの目的
  • 桐の植林・育林技術を子どもたちに指導し、広葉樹の植林を担う若いマイスターを育てることを最大の目的としています。
  • 桐は成長が早く、地球の中緯度地方で最もCO2の吸収固定が早い木の一つです。CO2の大幅な早期削減が叫ばれる中、桐を植林することで地球温暖化防止に役立ちます。
  • 地域の自然保全のみならず、付加価値の高い桐の製品加工生産が永続できる、自立可能な循環型地域社会づくりを指導、支援します。
  • 桐をはじめとする広葉樹から育まれてきた文化、芸術の継承に貢献していきます。

どうしてベトナムで植林するの?

ベトナムを植林地に選定した理由は、桐の植林に適した環境は元より、桐の成長の早いベトナムで、ベトナムの子どもたちに桐の植林・育林の教育を行い、桐をはじめ広葉樹の植林・育林の担い手を早急に(10年で)育てるためです。ベトナムの義務教育レベルは非常に高く、子どもたちも勤勉です。

ベトナムは社会主義国家ですが、日本の法務省の支援を受け、法的整備が進み、多くの日本企業がベトナム各地で活躍されています。工業化の進み始めたベトナムの地で、まずこのプロジェクトを実践し実現していきます。

どうしてベトナムで植林するの?

10年後子どもたちと一緒に!

10年後子どもたちと一緒に! 10年後、育林技術者として成長した子どもたちとさらに技術を磨き、アジアからヨーロッパを一本に繋ぐ「ユーラシア大陸12,000㎞ ライフグリーン「命の森」プロジェクト」を進め、桐をはじめとする広葉樹、針葉樹の混生林を、地球環境を守るシンボルとして子どもたちと一緒に達成していきます。

そして桐をはじめとする広葉樹、針葉樹の樹木から育まれてきた文化・芸術を、地球規模で継承していきたいと考えております。
100年が経ち、私たちの植林木から作られた楽器で、私たちの子どもや孫たちが最高のオーケストラコンサートを開催してくれたらどんなに素晴らしいことでしょう。

10年後子どもたちと一緒に!

copyright(C)2008 kiri sasayakana syokujusai. All Rights Reserved.